シニアの【副業=アフェリエイト】。収入が限られている「シニア」が最初に選ぶべき「レンタルサーバー」は?

アフェリエイト

wordpress開設で最初の「課題」は「レンタルサーバー選び」。

ネットで宣伝多数なのが「エックスサーバー(X10)」。
高速&安定&高性能等・・・

まあ確かにその通りですが月額¥1,200円(税抜き)なら今では他社も追随多数。

そこで、「価格帯順」に代表的なレンタルサーバー(プラン)を並べてみました。

【価格帯高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】

1.月額¥2,200円
 ①シックスコア(s1プラン)
2.月額¥1,200円
 ①エックスサーバー(X10)
 ②ConoHa WING(ベーシック)
 ③wpXレンタルサーバー
3.月額¥1,100円
 ①ヘテムル(ベーシック)
4.月額¥690円〜880円
 ①MixHost(スタンダード)
 ②Z.com(Zetaプラン)
 ③JETBOY(ファーストSSD)
5.月額¥500円〜515円
 ①ロリポップ!(スタンダード)
 ②さくらのレンタルサーバ(スタンダード)
6.月額¥280円
 ①リトルサーバー(リトルプラン)

上記サーバーは、すべてWordPressの「簡単インストール」は勿論対応しています。

初めてのWordPress開設で「最低限、重視したいレンタルサーバーの機能」は、以下の3点。

1.表示速度に大きく影響してくる、「SSD」、「HTTP/2」が採用されているか。

【WordPressの導入。SSD式採用のレンタルサーバーが断然有利】
「ハードディスク(HDD)」の進化版が「SSD」で、SSD式採用のレンタルサーバーが断然有利なのは、「圧倒的にスピードが早いから」です。
例えばエックスサーバーの公式サイトによると、「HDDより読込速度が48倍以上向上した」とあります。

上記の【価格帯・高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】では、「ロリポップ!」や「さくらのレンタルサーバ」は残念ながら、SSDが採用されていません。

【「HTTP/2」とは】
「HTTP/2」とは従来のHTTP/1.1が進化した新しい通信プロトコルのことです。
「HTTP/2」では複数のリクエストを並列処理する為その分サイト表示が速くなります。

上記の【価格帯・高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】では、全て「HTTP/2」対応です。

2.WordPressを複数開設できる、複数のMySQLとマルチドメインがあるか。

MySQLにWordPressのデータが格納されるので、WordPressを複数開設するには、複数のMySQLが必要になります。
ただ、MySQLが複数あってもレンタルサーバーが「マルチドメイン」に対応していない場合は、ブログを2個以上作ることが出来ません。
価格が安いプランでは、MySQLが1個しかなかったりマルチドメインに対応していなかったりするので注意が必要です。

上記の【価格帯・高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】では、全て大丈夫です。

3.「自動バックアップ」が無料でついているか。

上記の【価格帯・高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】では、「ロリポップ!」のみが有料(300円/月)です。

『結局どのレンタルサバーで開始するのか。』

上記の【価格帯・高い順(税抜き)・レンタルサーバー(プラン)】で「最低限、重視したい機能」3点を全て満たすものは、
1.月額¥2,200円
 ①シックスコア(s1プラン)
2.月額¥1,200円
 ①エックスサーバー(X10)
 ②ConoHa WING(ベーシック)
 ③wpXレンタルサーバー
3.月額¥1,100円
 ①ヘテムル(ベーシック)
4.月額¥690円〜880円
 ①MixHost(スタンダード)
 ②Z.com(Zetaプラン)
 ③【JETBOYレンタルサーバー】(ファーストSSD)
5.月額¥280円
 ①リトルサーバー(リトルプラン)

結局、選んだのは「リトルサーバー」でした。

「リトルサーバー」の「リトルプラン」は、

1.「HTTP/2」、「SSD」、「モジュール版PHP」が採用。(高性能サーバーでは無く、「Apache」ですが)
2.MySQL 10個とマルチドメイン
3.自動バックアップつき
4.314円/月とシニアの身の丈にあった低価格

上記1〜3が揃っていて、「280円/月」は信じられない安さです。

(ロリポップの500円/月より高機能)

『価格の高いサーバーは損なのか?』

重視したい機能から今回除外していましたが実は、表示速度に大きく影響してくる要因として「高性能サーバー」の使用があります。
Webサーバーで高性能で表示速度が早いのは、「nginx」と「LiteSpeed」です。
「Apache」と比べて、最大9倍高速になるようです。
サーバーが「nginx」または「LiteSpeed」の「レンタルサーバー」は以下
1.月額¥1,200円
 ①エックスサーバー(X10):「nginx」
 ②ConoHa WING(ベーシック):「Apache + nginx」
2.月額¥690円〜880円
 ①MixHost(スタンダード):「LiteSpeed」
 ②【JETBOYレンタルサーバー】(ファーストSSD):「LiteSpeed」

最初の導入は「リトルサーバー」の「リトルプラン」で初めて見て、
アクセス数が増えてから高性能サーバーに移行する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました